▲四国温泉88か所めぐりのトップへ戻る
第50番温泉札所「口屋内部落 湯の谷の湯」
住所: 高知県四万十市西土佐口屋内
電話番号: 電話はついていない
営業時間: 24時間といえば24時間だが・・・
備考:
湯の印象 A
秘境度  5(ただし地理的秘境度は3)

『高きハードルを越えて』

 ここ『口屋内(くちやない)部落』は、四万十川の河口から遡上すること約30キロ、幾多にも分かれる四万十川の支流のうち、最後の清流と謳われる『黒尊川(くろそんがわ)』との分岐点に位置する古くからの村である。土地の人に聞くと昔は交通の要所としてそれはそれは栄えたそうで、土地の小学校は百年も続いている伝統校。その小学校もついこのあいだ最後の全校生徒8人を見送って廃校となった。若い人は下流の中村どころか高知市、否、それならまだしも関西や東京に出て行ってしまうのである。ご多分にもれない過疎化地域である。

 古くから残る『口屋内沈下橋』は先の大水で墜ちて補修中。川の左岸を走る国道441号線の赤鉄橋を渡ってキャンプ場のある右岸に出てそのまま川沿いの道を車で5分ほどでプレハブの小屋が見えてくる。

 ここはその昔に自衛隊が道を造成していた時に湧き出した温泉である。ここ20年ほど廃湯にしていたのを、最近再び手を入れて復旧させた地元の人が憩いをとるための湯である。もちろん無人、中には流しとトイレと8畳ほどの座敷とやや広めのホーロー製の男湯と少し狭めのスチール製の女湯があるが、貸しきり状態なのでどっちに入浴しようが誰にも文句は言われない。自分でバスタブに湯を張り自分で沸かすが、ガス湯沸し釜なので手間取らない。容量と材質の違いなのか男風呂より女風呂のほうが圧倒的に沸くのが早いので、少人数のときは女風呂を使うに限る。

 しかし、ここに入浴するためには思わぬ通過儀式が必要とされる。施設を利用するためにはもちろん入り口の鍵を開錠せねばならないのであるが、自治会内で使いまわしで使用しているため、今、現在、村の中で「誰が鍵を保持しているかがわからない」。(笑)つまり村内の民宿からよろず屋さんまでを尋ねて廻りながら鍵を探さねばならない。その上、あなおそろしや、お店にいつも人がいるとは限らないのである。首尾よく入浴できたとしても、帰りしな今度は鍵が施錠できない。玄関の建付けが良くないので5分から10分は引き戸と悪戦苦闘すること必定である。

 のどかな山村ののどかな温泉で一服するためには、それ相応の苦労が必要である。本当の田舎は都会の人が見るほど甘くはないのである。(笑)


近くのスポット
四国酒蔵88箇所43番『藤娘』
四国堰堤88箇所41番『中筋川ダム』

クリックすると拡大します
「温泉のある山の山頂より四万十川の中流を望む。下の部落が口屋内である。」
温泉のある山の山頂より四万十川の中流を望む。下の部落が口屋内である。

クリックすると拡大します
「うっかりすると通り過ぎる道端の納屋である。」
うっかりすると通り過ぎる道端の納屋である。

クリックすると拡大します
「完全無人セルフのため、使用方法が明記されている掲示板。いわゆる屋外バーベキュー施設と同じである。利用料金は地区内の人にとって高いのか地区外の人に安いのか、よくわからない。(画像はクリックすると拡大します)」
完全無人セルフのため、使用方法が明記されている掲示板。いわゆる屋外バーベキュー施設と同じである。利用料金は地区内の人にとって高いのか地区外の人に安いのか、よくわからない。(画像はクリックすると拡大します)

クリックすると拡大します
「女湯の方が沸くのが圧倒的に早いがデブなら一杯一杯の湯船の容量。モデルは某社四国支社長。由美かおるでなくて御免。」
女湯の方が沸くのが圧倒的に早いがデブなら一杯一杯の湯船の容量。モデルは某社四国支社長。由美かおるでなくて御免。

クリックすると拡大します
「建物の真裏に源泉がある。」
建物の真裏に源泉がある。
ニックネーム
メアド(表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
▲四国温泉88か所めぐりのトップへ戻る
カウンター



エントリーはコチラ

↓下記より温泉情報をご覧ください。
すべての画像はクリックすると拡大します
第1番温泉札所 「御所温泉観光ホテル」
番外温泉札所 「金清(かねきよ)温泉 白鳥荘」
第2番温泉札所 「ヘルスランド美郷(みさと)温泉」
第3番温泉札所 「ふいご温泉」
番外温泉札所 「こうつの里」
第4番温泉札所 「土柱ランド新温泉」
第5番温泉札所 「穴吹温泉」
番外温泉札所 「美馬温泉」
第6番温泉札所 「木綿麻温泉」
第7番温泉札所 「岩戸温泉」
第8番温泉札所 「白地(はくち)温泉 小西旅館」
第9番温泉札所 「佐馬地(さまち)温泉 あわの抄」
第10番温泉札所 「松尾川温泉」
第11番温泉札所 「賢見(けんみ)温泉」
第12番温泉札所 「奥小歩危(おくこぼけ)温泉」
第13番温泉札所 「まんなか」
第14番温泉札所 「ホテル祖谷温泉」
第15番温泉札所 「いやしの温泉郷」
第16番温泉札所「神山温泉」
第17番温泉札所「四季美谷(しきびだに)温泉」
第18番温泉札所「月ヶ谷温泉」
第19番温泉札所「もみじ川温泉」
第20番温泉札所「わじき温泉」
第21番温泉札所「船瀬温泉」⇒「かもだ岬温泉」に改名
第22番温泉札所「薬王寺温泉」
番外温泉札所「ホテル千羽温泉」
第23番温泉札所「シレスト室戸」
第24番温泉札所「やなせ温泉」
第25番温泉札所「馬路温泉」
第26番温泉札所「北川村温泉」
第27番温泉札所 「こまどり温泉」
第28番温泉札所「畑山温泉」
第29番温泉札所「べふ峡温泉」
番外温泉札所「神宮寺温泉」
番外温泉札所「笹温泉」
第30番温泉札所 「温泉カフェ 湖畔遊」
第31番温泉札所「龍河温泉」
第32番温泉札所「夢の温泉」
第33番温泉札所「ニュー若宮温泉」
第34番温泉札所「かがみ温泉RIO」
番外温泉札所「奥白髪温泉」
第35番温泉札所「木の香温泉」
第36番温泉札所「吾北むささび(633)温泉」
第37番温泉札所「中津ゆの森」
番外温泉札所「中追渓谷温泉」
第38番温泉札所「蘇鶴(そかく)温泉」
第39番温泉札所「桑田山(そうだやま)温泉」
第40番温泉札所「山里温泉」
第41番温泉札所「松葉川温泉」
番外温泉札所「四万十源流の家」
第42番温泉札所「郷麓(ごうろく)温泉」
第43番温泉札所 「下津井温泉」
第44番温泉札所「大正温泉」
第45番温泉札所「一の又渓谷温泉 一位荘」
第46番温泉札所「十和(とおわ)温泉」
番外温泉札所「柳瀬温泉」
第47番温泉札所「用井(もちい)温泉 四万十市山村ヘルスセンター」
第48番温泉札所「佐賀温泉こぶしのさと」
第49番温泉札所「須賀留(すがる)天然温泉」
番外温泉札所「井の岬温泉」
第50番温泉札所「口屋内部落 湯の谷の湯」
第51番温泉札所「海癒の湯」
第52番温泉札所「足摺パシフィックホテル花椿」
第53番温泉札所「山出(やまいだし)温泉」
第54番温泉札所「祓川(はらいがわ)温泉」
第55番温泉札所「高月温泉」
第56番温泉札所「ぽっぽ大門温泉」
第57番温泉札所「霜村温泉清水荘」
第58番温泉札所「宝泉坊(ほうせんぼう)温泉」
第59番温泉札所「小藪温泉」
番外温泉札所「嵯峨山温泉」
第60番温泉札所「古岩屋荘」
第61番温泉札所「ふもと友愛館」
第62番温泉札所「星乃岡温泉」
第63番温泉札所「鷹の子温泉 たかのこの湯」
第64番温泉札所「寿温泉」
第65番温泉札所「道後温泉本館」
番外温泉札所「常盤荘」
第66番温泉札所「権現温泉」
第67番温泉札所「マコト温泉 シーパMAKOTO」
第68番温泉札所「奥道後温泉 壱湯の守」
第69番温泉札所「鈍川(にぶかわ)温泉ホテル」
番外温泉札所「桜井石風呂」
第70番温泉札所「ひうちなだ温泉」
第71番温泉札所「本谷(ほんたに)温泉」
第72番温泉札所 「道前渓温泉」
第73番温泉札所「京屋旅館本館」
番外温泉札所「いがり温泉」
第74番温泉札所「湯之谷温泉」
第75番温泉札所「霧の森馬立温泉」
第76番温泉札所 「環(たまき)の湯」
第77番温泉札所 「塩入温泉」
番外温泉札所 「美霞洞(みかど)温泉」
第78番温泉札所 「ことなみ温泉 エピアみかど」
第79番温泉札所 「城山(きやま)温泉」
第80番温泉札所 「白峰(しらみね)温泉」
第81番温泉札所 「かざし温泉」
第82番温泉札所 「塩江温泉 奥の湯」
第83番温泉札所 「仏生山温泉」
第84番温泉札所 「高松〜神戸ジャンボフェリー内浴場」
第85番温泉札所 「庵治温泉」
番外温泉札所 「大串温泉」
第86番温泉札所 「塚原から風呂」
第87番温泉札所 「門入カメリア温泉」
第88番温泉札所 「黒川(くろがわ)」温泉
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
←2017年11月 2018年1月→

コミュニティ参加登録はコチラ













みんそら〜みんなのSNS
ふるさとのカクテル「地カクテル」
時計やジュエリー販売〜アイアイイスズ
美味しいわらびもちはいかが?
  〜松風庵 かねすえ

駅コミ<駅からはじまる情報発信>
ジェイアール四国


みんそらSNS



 
Copyright 四国温泉88箇所巡り All rights reserved.
掲載されているすべてのコンテンツの無断使用、掲載を禁止します。